人気ブログランキング |

犬連れへんろ*二人と一匹のはなし*

inuzure.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 04日

第7話 カメラマンがいっぱい~土佐路2001年GWの旅

ゴールデンウィークといえば、行楽日和・青空・こいのぼりがつきものですが、2001年は4月末から雨模様となり、おかげで、私たち2人と1匹のヘンロ旅も、いつもより1日遅れての出発となりました。この年はサラリーマンの週末農業で、初体験の田植えを無事に済ませ、夫婦ふたりで自給自足への第一歩となる米づくりを始めた年でしたので、雨の中、一日かけて草取りをし、すっかり腰が痛くなってから、あわただしく出発です。天気予報では雲マークや傘マークが並んでいたものの「かえって涼しいほうが疲れなくていいか」と言いつつ、いつものように九州からお四国へとフェリーにのりました。
c0049299_13372279.jpgさて今回は、室戸岬からの出発です。低気圧で荒れた海と雨上がりの新緑のなか、すがすがしい朝の空気を吸って、2人と1匹の旅がまた始まります。25番札所・津照寺(しんしょうじ)までは、歩きの感をとりもどすようにゆっくりと。「ああ、また四国にきたんだなー」と思いながら、静かに歩きました。本堂へつづく階段を登ろうとすると、先ほど室戸でお見かけした男性が、「ワンちゃんの写真をとらせて欲しい」とのこと。小さな子供と一緒で、動物の写真は思うようにポーズをとってくれず難しいものです。特にはなは、写真が嫌いらしく(笑)カメラをむけられると、フンといった感じでよそを向いてしまいます。にもかかわらず、私たちが心配になるほどフイルムを沢山使って、はなの写真をとって下さいました。おじさん、どうもありがとうございました。

c0049299_13385537.jpg
この頃「はな」は、老犬のくせに無理をしてはしゃぎ、前足首を痛めてしまいました。痛めた直後は3本足で歩くほど痛そうだったので、白内障の飲み薬・目薬に加えて、今度は関節炎の薬(鎮痛剤)も飲んでいます。お寺の階段でも、上りは平気なのですが、下りになると途端に、勢いがなくなるため、階段の下りでは、主人がはなを抱いて下りるようにしました。階段を下りながら、主人は「はなと一緒にへんろできるのも、今回が最後になるかもしれないね。」といいます。若犬の頃から、休みは必ず、この子を連れてお遍路をしていましたので、だんだん歳をとり弱ってくるはなをみるのは、ちょっと淋しいのですが、楽ちんラクチン!という顔をして、主人に抱きついている、その姿は、私を幸せな気分にさせてくれ、これでいいんだ…とも思います。

c0049299_13393270.jpgその日は夜から雨になる予報でしたので、早めにテントをはりましたが、予想以上の、横なぐりの雨と雷で、とうとう一歩もテントの外に出られないまま、朝を迎えました。そしてさらに大雨が続き、持っていた少しのお菓子と水だけで、2人と1匹、さらに丸一日テントの中に閉じ込められる事となったのです。しかし、田んぼの草取りと長旅の疲れがあったため、一日中テントの中で、寝て過ごしても、時間をもてあますことはありませんでした。ようやく夕方になって、お天気雨へとかわり、ありがたくお天道様を拝みながら、ひさしぶりのまともな食事です。我が家からの出発を雨で1日遅らせた上、またここで丸一日のロス…、でも一日中、寝てばかりいたお陰で、翌日はうんと早起きして出発することができました。あせらず、騒がず、四国の風景を満喫しながら、今のことだけを考える私たちのへんろ旅は続きます。

c0049299_13411678.jpg
c0049299_1342743.jpgさて、次に登場したのは女性カメラマンでした。1人が車を下りて来られて、写真をとってもいいか私たちに確認されると、車に向かって両腕で大きな丸。すると、あと2人の女性が、それぞれ手にカメラを持って出て来られました(ひとりで3つもカメラを持っているひとまでいる!!)。もちろんメインの被写体は「はな」です。「はなちゃん、こっちこっち!」と声をかけながら、すごい勢いでシャッターをきっていきます。私たち夫婦も写真は好きなのですが、お姉様(?)たちの迫力には圧倒されっぱなしでした。宮崎に帰って、カメラ屋の人に、このカメラマンたちの話をすると、昔から高知は写真が盛んな所だそうで、高知県人の気質に合っているのでしょうとのことでした。続く神峰寺(こうのみねじ)でも、夫婦連れのカメラマンに、いっぱい写真を撮ってもらい、どうもこの旅はカメラマンに出会う旅だったようですね(笑)。
c0049299_13443344.jpgそして、極めつけが、大山岬の茶屋に夕飯を食べに寄った時のことです。「はな」は台車と一緒に駐車場の隅に待たせていました。すると、どこからともなく沢山の人々が、手に手にカメラを持って現われました。なんと総勢7人!こちらは老若男女のグループで、写真クラブの活動とのこと。私たちが食事をしている間も、待っているはなの周りを取り囲んでおられ、近づきすぎた男性ははなに吠えられたりしていました(笑)。何しろはなは私たちの荷物を見張っているつもりですからね(^O^)店を出ると今度は、歩いている所も写真にとられるとか。車道の向こう側へ渡って、遠くから撮る人、私たちを追い越して、走って行ってから振り向いて撮る人、大きなカメラを持って走ったのでフーフーと息を切らしているおばあちゃん。道を行く人も、何事かと振り返っておられます。アイスクリン売りのパラソルの前を通った時は、おばちゃんがびっくりして席を立ち、どんな有名人が通るのか?!という顔をされていました。
c0049299_1346812.jpg
静かな夏、冬の遍路とはちがい、GWは慌ただしくまわりの時間が過ぎていきます。今日もまだ泊まるところが見つからず、少し気持ちも焦ってきました。やっとカメラマンから解放され、寝る場所さがしに集中しながら、暑くなった夕方の道を西日に照らされながら歩き続けました。

c0049299_13463634.jpgところで、お四国では時々不思議な出来事に出会いますが、懐かしい方との再会もその一つです。数年前に出会った歩き遍路さんに、偶然またお会いする事も一度や二度ではありません。この時も、たまたまカメラマン7人グループの中のNさんが「もしや…」と声をかけて下さいました。お顔を見てアッと思い出したのは、数年前、29番札所・国分寺の山門にて、夏の暑い夕方「今晩はどこに泊まろうか」と思案中、ご夫婦でカメラをもち、何枚か写真をとって下さった方でした。お話によると、あの時の写真は手ぶれしていたので送れなかったとか。私たちも、そのうちすっかり忘れてしまっていましたから、どうぞお気になさらずに、と笑ってお別れしました。その翌日の夕方、ちょっと気が重くなる「犬猫入るべからず」の大日寺に到着してみると、何とそこにNさんが、奥さんをつれて待っていて下さったのです。本当にご縁とは不思議なもので、たった二度しかお会いしていないのに、お大師さまの引き合わせと思うと、親戚のおじちゃん・おばちゃんに再会したように、懐かしさを感じます。奥さんも再会を喜んでくださり、私たちがお参りをしてくる間、はなを車に預かっていただき、とても親切にしてくださいました。
c0049299_1347049.jpg

c0049299_13504970.jpg今回の打ち止めのお寺は30番札所・善楽寺(ぜんらくじ)。お昼前にお参りを終えると、いそいで主人は、室戸岬に置いてきた車をとりに向かいました。電車とバスを乗り継いで、さらに車で、また30番さんまで戻ってくるのに、半日がかりです。その間、私とはなは、ず~っと善楽寺の境内で待たせていただく事にしました。半日も境内に座っていると、それはそれは沢山の方が、お参りして行かれます。おばあちゃまの手を引いた家族連れ。大人数で歌うように朗々とお経を上げていかれる団体さん。そして、大人よりも大きな声で、立派に般若心経を唱える子供たち。このような沢山の人達を見ていると、まだまだこの国も、捨てたものではないなぁ…と思えてきて、何だか嬉しくなってきました。途中、日焼けした肌に鮮やかな黄色い僧衣をまとった、珍しいタイのお坊さんも来られ、托鉢用の器には、沢山の方が食べ物やお布施を入れて行きました。中には、近くに座っていた私のほうにも来られて、はなの水飲み用どんぶりにお金を入れようとされた方もいらっしゃいます(笑)。器の中に水が入っているのをみると、かわりに私の手の平に、チョコンと百円玉をのせて、「がんばってね」と声をかけて下さいました。

午後5時をすぎると、時々、納経所の方へ駆け込んでくる人はありますが、そのうちガランと人気のない境内になります。お寺のかたも、トイレの掃除をしたり、ろうそくの片づけをしたり、本堂・大師堂などの戸締まりをしたりされて、やっとお寺の一日が終わるのです。しとしとと降り続く冷たい雨の中、軒下で雨やどりをしていた私とはなでしたが、お寺の奥様のご好意で、雨に濡れないお堂のほうへ移動させていただきました。そして、もう薄暗くなった午後6時過ぎ、行楽帰りで大渋滞の国道を通り、さらに大混雑の高知市街地をやっと通り抜けて、主人の乗った車が無事に善楽寺の静かな駐車場へと入って来たのでした。

いつもありがとう♪→にほんブログ村 犬ブログ シベリアンハスキーへ

by inuzure | 2008-04-04 12:58 | ■連載シリーズ | Trackback(1) | Comments(30)
トラックバックURL : https://inuzure.exblog.jp/tb/8589045
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from please creat.. at 2008-04-04 16:04
タイトル : ひろめ市場
futenさん、行ってきましたyo。 futenさんのお写真のあのおばさまにもお会いしましたよ~^^はちきん と いごっそ のパワーに圧倒されて帰ってきました。... more
Commented by awa-green at 2008-04-04 20:04
先に、TBさせていただきました^^
わたしもこんなふうなおばさまカメラマンになりたいなぁ~
と思いつつ
四国の温かさに感動しています。

そしてinuzureさんの温かな文章を拝読して
頑張って生きようと再び思うのでした。
んーーもっと四国を知らなくては。。。
Commented by 空ママ at 2008-04-04 20:18 x
このお遍路旅は、有名人扱いだったんですね(笑)
たしかに、高知県人はカメラ好きは多いかも知れません。
私も、小学生の頃から色んなものを撮ってましたから。
はなちゃんと添い寝をしてる写真、家族だな~って思いました。
早く、続きが読みたい♪
はなちゃんの行く末が気になるのと、今度はどんな出会いがあった旅なのかなぁって。
Commented by もも at 2008-04-04 21:20 x
私はこのブログではなちゃんを知りましたが、こうやってたくさんの人にはなちゃんの事が、いつまでも心に残っていますね。
時、折々に写真を見て、それぞれ、いい思い出として、残って、はなちゃんもしあわせです。
Commented by pon at 2008-04-04 21:46 x
今回は泣かなかったよ。

はなママさんたちは、ホントに良いお遍路をしているんですね。
沢山の方に支えられてる、守られている・・・というのを身をもって知るっていうことは、すばらしい経験ですよね。
私もそういう経験をしなくては・・・と思います。

コメント書いてるうちに、涙が出てきちゃった。
なんでだろう。
Commented by ぷるまろまま at 2008-04-04 22:08 x
カメラマンさん達を写した写真に大笑いしちゃいました。
写している人が写されている。
以外な被写体がおもしろいです。

カートに乗って大あくびのはなちゃんも、お遍路さんにすっかり慣れているんでしょうね~

そろそろお出かけなのかしらぁ?


Commented by ari at 2008-04-04 23:36 x
白黒写真が哀愁があっていいですね・・・。
先代はなちゃんとの最後の思い出かな~・・・・。
昨日訓練所で先生と我家はもも子の介護先生は問題児だったゴールデン君のお蔭でこの世界に入ったことなど訓練を忘れて話してしまいました。
先代犬がいるからこの次は・・・・ってね。
先生は出来るならも一度元気なうちにゴールデンを飼いたいと・・・・。
亡くして1年ほどゴールデンを見るのも辛かった・・・・、訓練に来るから見て見ぬ振りして訓練したよ・・・・。
先代はなちゃん、2代目はなちゃんを安心してみてるでしょうね。
Commented by アレパパ at 2008-04-05 16:38 x
高知人ってカメラ好きなんだ、初めて知りました。
どの画像のはなちゃんもいい顔してるね~
白黒画像の良さをはなちゃん画像で再認識した今日この頃です(^_-)-☆
Commented by Lin at 2008-04-05 20:32 x
高知の人は、写真撮るの好きなんですね~
はなちゃん、どこに行っても人気者だ。
カメラマンさんたちを、撮ってるはなママ(パパ?)さんの姿を想像すると、ほのぼのします。
Commented by inuzure at 2008-04-05 23:19
greenさん、こんばんは。ほんとうに四国は心温かいところです。
いつも、行くたびに癒されて帰ってきます^。^
やっぱり、その土地土地に、昔むかしから受け継がれたものって、確かにありますよね。
Commented by inuzure at 2008-04-05 23:21
空ママさん、こんばんは。いつも、ほとんど文字を入れていないのに、このシリーズのときは、文字がいっぱいなので、結構疲れます(笑)。毎回、何かしらの出会いが、必ず待っているところが、さすがお遍路旅よねぇ♪
Commented by inuzure at 2008-04-05 23:23
ももさん、こんばんは。もともとブログをやってみようと思ったのが、この先代はなを亡くした後なんですよね。何かの形で、この子のことを残していけたらいいなぁ…って。これからも二代目の合間に、先代も時々登場してもらいますね^。^
Commented by inuzure at 2008-04-05 23:26
ponさん、いつもありがとうございます。やっぱり、今は亡き、この子のことを思い出すと、涙が出ること、ありますよね。でも、いっぱいの思い出を、ともに旅をすることで残すことができて、とてもよかったと思います。
Commented by inuzure at 2008-04-05 23:28
ぷるまろままさん、ほんと、ずらずらーと並んだカメラマンたちが、すごく楽しい光景になってくれました(笑)。冬へんろのはずが、もうすっかり春らんまんなんですけど…せめて1週間以上は、お天気が安定してくれなきゃ…なかなか出かけられないんです(泣)
Commented by inuzure at 2008-04-05 23:30
ariさん、いえいえ、まだ先代はなは、二代目が心配で心配で、しょっちゅう見に来ていると思いますよ(笑)。そりゃあ、1歳ぐらいのときからすると、ずいぶんと大人しくなりましたけどねーいやーまだまだよ^θ^
Commented by inuzure at 2008-04-05 23:32
アレパパさん、私たちも、こんなことがあるまで、気にしていなかったんですが、とても熱心な方が多いように思います。でも、おかげで、時々、すてきなお写真を送っていただけたりするので、嬉しい限りです♪
Commented by inuzure at 2008-04-05 23:35
Linさん、高知には、私たちが勝手に専属カメラマンと呼んでいる、カメラマンさんたちもいらっしゃるし、何しろ熱心な方が多いんですよ! 2人と1匹みんな一緒に撮ってもらえるので、すごく思い出になり、助かっています。明日は宮崎は雨の予定。。。つまらないなぁ。。。
Commented by 杏ママ at 2008-04-07 09:58 x
ワー!先代ハナちゃんがアイドルみたいにカメラマンに囲まれてる!
人気者だねえ。
そろそろお遍路の虫が騒ぐ頃ですね。
柴はなちゃんと青空コンビとワンコオフ会しました。
四万十の川原でなかよく和んできましたよ。
Commented by はなママ at 2008-04-07 18:53 x
杏ママさん、こんにちは。この台車に乗って旅をする犬って、ついつい撮りたくなるのかもねー(笑)。お遍路の虫、もうすでに相当騒いでいるんですが…お天気が。。。。
オフ会、みんな仲よしでなごやかムード、良かったですね。そうそう、日ざしが強いと、たしかに川に入りたくなるかも^。^
Commented at 2008-04-08 00:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by HAL at 2008-04-08 21:44 x
はなママさんただいま!
春遍路から6日夜、現実世界に帰ってきました。

昨年と同じ時期だったのに今年はそれほど暑く感じませんでした。
歩いてるときは汗が流れますが休んでる時や日陰に入ると寒いくらいでした。
朝晩の気温はこちらと変わらないくらいの冷え込みで一晩中暖房を着けて寝ていました。
伊予はやはり土佐とは気温がかなり違いますね。

私も昨年お会いしたお遍路さんと再会しました!
それと丹原の泊まったお宿ではなママさんの書かれた記事が載っている遍路本を読みました!
お四国では不思議なことが多々ありますね。

Commented by midorimagu at 2008-04-08 22:14
inuzure さん こんばんわっ♪

この記事に感動しましたよ。

はなちゃん 辛い思いしたんですね。
私、いろいろあったのではなちゃんの気持ちよく分かるんだ。
それでお互い差さえあってお遍路する姿に心温まりました。

これからも頑張ってくださいね。

はなママさん 素晴らしい人生送られてますね。
Commented by ビンぞう at 2008-04-09 01:16 x
写真クラブのパワーがスゴい!(笑
先代はなちゃんのモノクロ、いい味出ているよね~。
荷台のはなちゃんってのが先代はなちゃんのイメージだよ~。
こんな可愛らしい姿のワンコを見かけたら、私も写真クラブに混じってカメラ構えちゃう!(笑
Commented by ラブ・タロー at 2008-04-09 13:20 x
コメントをお借りしてお知らせです。
この度、自由に登録できペットのブログを県別で検索出来る【県別検索コミュニティー】を立ち上げ、現在3、600以上のペットブログに「仮パスワードと仮メールアドレス」で県別リンク登録させて頂きましたのでご確認下さい。
尚、「管理者通知」にてご連絡下されば、仮パスワードとメールアドレスをお知らせ致します。
以後、ご自分のパスワードのアドレスでご自由に変更できます。
サイト名・全国ペットあつまれぇ~・ブログとHP
提携サイト・湘南茅ヶ崎ペットあつまれぇ~
湘南で遊ぶワン達160家族以上とニャンと鳥などの写真日記です。提携サイトも募集しております。
管理人個人 ラブ・タローです。
Commented by inuzure at 2008-04-09 15:14
鍵コメさま、了解いたしました^~^
お天気が安定してくれないかなーもう、お天気よければ日中あつくなって来ましたよね。どうもありがとう♪
Commented by inuzure at 2008-04-09 15:26
HALさん、こんにちは。そして、お帰りなさい^。^ 春のお遍路、今年もすてきな旅になったのでしょうね。丹原のあたりは、この前の私たちのお遍路のときも、歩き遍路さんたちが何人も、そちらの集落で宿泊するので、歩いていかれましたよ。私たちは野宿の場所さがしで、さらにウロウロしましたが(笑)。お宿に「巡礼マガジン」誌が置いてあったんですね!なつかしいです。お遍路中も、「はなちゃんですか?」って声をかけられることが何度かありました^。^
Commented by inuzure at 2008-04-09 15:30
yorikoさん、こんにちは。まー長々した文を読んでくださってありがとうございます(笑)。ほんとに、健康でいる間は気づかないけれど、何かあったときに、たくさんのことを感じますよね。ちょっとしたことにも感謝できるような、そんな気持ちを、いつも持ち続けていたいと思います♪ また、お写真拝見しに伺います!
Commented by inuzure at 2008-04-09 15:35
ビンぞうさん、こんにちは。荷台の先代はなは、これがトレードマークだったんだよ~。ちょびっと坂道で、私たちがヒーヒー言って台車を押していたら、ほとんどお犬様行列(笑)。お年寄りは大事にせにゃあね^。^いつもありがとうございます♪
Commented by inuzure at 2008-04-09 15:44
ラブ・タローさん、こんにちは。何か、楽しそうなこと企画されたのですね。
お知らせありがとうございます。HPのほう、拝見させていただきますね♪
Commented by kuwatyann at 2008-04-10 00:35 x
はじめまして
いい旅をしておられますね
先日友人が二人と一匹遍路旅をはじめました。
応援団として
みなさんのような いい出会いをいっぱいいただけるよう
祈っていましょう。 合掌
Commented by はなママ at 2008-04-10 15:05 x
kuwatyanさん、こんにちは、いらっしゃいませ。
お友達も二人と一匹で旅に出られたのですね。お天気の変わりやすい季節なので、空模様を見ながらの旅になりそうですね。私たちも、そろそろ出かけたいと思っています。どこかでお会いできるといいですね^。^


<< めでたい!      つくしんぼ >>