人気ブログランキング |

犬連れへんろ*二人と一匹のはなし*

inuzure.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 01日

【番外編】そのとき歴史が動いた!

にほんブログ村 犬ブログ シベリアンハスキーへ←ポチっとしてね♪
 今から15年ほど前、私たちが、はじめてお遍路をしたときは、マイカーを使っての車遍路でした。ガイドブックを見ながら、そして、道の案内看板を確認しながら、お目当てのお寺を探して、納経をいただく。まるで、双六(すごろく)を楽しむように、チェックポイントを通過しながら、見知らぬ町、はじめてのお寺を楽しんだものです。そして、慣れてくれば、1週間で88ケ所全部をまわりきれるようになり、ガンガンスピードアップ♪ でも、ちょうどその頃、車の中から、ふと外を眺めると、歩いてお遍路をしている人が結構いらっしゃることに気づきました。はじめはその都度「わぁ、歩いてるお遍路さんがいるよ!」なーんて、車から眺めていただけでしたが、沢山のそんな人を車で追い越していくうちに、何だか、この歩き遍路さん達が、羨ましくなって来たのです。

c0049299_14131047.jpg若い人も、お年寄りも、そして一人だったり、ご夫婦連れ、グループなど…。最初は「定年後の人や学生さんはいいよね~。休みがたっぷりあるから、歩いて回れる余裕があってさ。」などと、憎まれ口をたたいていたのですが…、どうも、その人たちを観察していると、疲れた足どりでも清々しい表情で、日焼けした顔を誇らしげに歩いている、う~ん、なんか悔しい。。。羨ましい。だんだんと、私たちも歩いてみたい…そう考えるようになってきました。
c0049299_14155558.jpg

①「いつかは歩いてみたいねぇ」が
②「はなと一緒に歩きたいねぇ」となり、
③「はなが生きているうちに、歩いてお遍路できるかなぁ」となってくると、もう
④「少しずつでもいいから、はなと一緒に歩きたいんだよぉ!」と、胸が高なってきました。
そして、そんなふうに感じるようになった、ある日のことです。

c0049299_14191344.jpg ついにその時は、やってきました。
 車遍路の割に、上から下まで真っ白け、徹底した白装束の私たちが、お寺の本堂で丁寧に般若心経を唱え終わり、振り向いたとき、そこに立っていた、ひとりの歩き遍路の若者が、ツカツカ…と歩み寄って来ました。
そして、「お接待です。あなたたちを気に入ったので、受け取って下さい」と、ニッコリ笑って一枚の五百円玉を差し出したのです。
どひゃ~!「き…気に入ったって何?なんで?」 だって、歩き遍路の若者から、お接待をもらうなんて、アベコベですやん!「私たち、歩きじゃありませんから…」と一度は断ろうとしたのですが、何しろ、この若者のまっすぐな目に圧倒されて、ついにそのキラキラと輝く五百円玉は、私の手のひらに、静かに降り立ちました。***「むむむぅ…、これはもう本当に歩くしかない…」と思い立った瞬間でした。

c0049299_14213883.jpg そして、こうして思い立ってしまえば、ほら、我が家の家訓「即実行」(笑)!憧れの歩き遍路をするときがやってきたのです。“二人と一匹、休み毎に、歩ける所まで歩く”という「区切り打ち」(=少しずつ区切って、数年がかりで一周を歩くこと)スタイルで、今でも、ぶっつけ本番の犬連れ野宿旅を続けています。


c0049299_14235880.jpg一つの旅ごとに、新しい発見や出会い、そして、思いがけない再会などもあり…、毎回が忘れられない珍道中。だからこそ、お遍路の旅って、なかなか止められないのですよね~。
こうやって、私たち二人と一匹の歴史は作られていったのでした^^

c0049299_14241676.jpg


【お知らせ】横浜に、飼い主さんから放棄された、ハスキーのべんちゃん(17歳)がいます。
ぜひ、こちらをクリックして、ご覧ください。

※ べんちゃん、新しいご家族が決まりました。良かったです^θ^

by inuzure | 2008-02-01 14:36 | ■連載シリーズ | Trackback | Comments(46)
トラックバックURL : https://inuzure.exblog.jp/tb/8120562
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 青ママ at 2008-02-01 18:57 x
 そうですか~。お遍路始められて、20年にもなるんですか~。
すご過ぎる~!!!!
先代はなちゃんとの「モノクロ写真」が、妙に懐かしい様な。
今度、逢える時は、シフォンケーキ&イチゴショート??
でも、苺ショートは、期間限定なんですよね~。
 次回の、お遍路日記も、楽しみ・・・にしてます。
Commented by 奈々 at 2008-02-01 19:29 x
はなママさんへ
感動しました。
20年前から、はなママさんには、お大師様が加護していたんですね。
初代はなちやんは、今のはなちやんの体を借りて
生まれ変わり、また、はなママのところに来たいとおもい、今のはなちやんになりはなママさんのところにきたんですね。
感動しました。
はなちやんありがとう。
Commented by inuzure at 2008-02-01 20:12
青ママさん! ごめんなさい、間違えました10数年前です(笑)。
ほらだって、2004年に死んだ先代はなが14歳だったんですからね。
20年近くたつと思っていたら、15年近く前のことでした、
あははは~また、ウソ書いてしまった^θ^
もうボケが始まっています。。。
Commented by inuzure at 2008-02-01 20:15
奈々さん、こんばんは。
同じくごめんなさい。訂正、15年ほど前のことでした^。^
先代はなは、すごくいい子でしたけど、あまりさわられると、いやがるような性格でしたので、私たち以外の人には、全然近寄っていきませんでした。きっと、その分も合わせて、今の二代目はなは、ハイパーフレンドリーになったんだ、と私は思っています。
先代の分まで、甘えん坊になっちゃいました(笑)。
Commented by 奈々 at 2008-02-01 20:29 x
あらそうなの、、、
私も、数字に弱いから、お写真では、すごくきれいで若いのにと、、、
悩んで、何回も、写真を確認していました。笑
これで、安心しました。
じやまたです。
Commented by saburei at 2008-02-01 20:36 x
こんばんは。
じーんってきちゃいました。
運命の5百円玉ですね。
モノクロ写真がいい味出してます。
○ロナミンCを片手に休憩中の写真もかわいい。
はなちゃんも飲みたかったのかな?
Commented by 空ママ at 2008-02-01 20:46 x
あの若者との出会いが、お遍路の旅を大きく変えてしまったんですね。
あの五百円玉は、今でも宝物?(笑)
私も、はなママさんたちみたいに、中身の濃い人生を送りたい!
でも、なかなか実行にいたらず。
尊敬してます♥
Commented by ホシカゲ at 2008-02-01 21:49 x
おおーっ! その若者はお大師様の御使いなのかしら、と思ってしまうほどの大きな出会いですね。
今日もステキなお話ありがとうございました!
Commented by ari at 2008-02-01 21:59 x
先代はなちゃんがいたから歩けたんですかね~・・・。
義理兄が家出中、約3年間の間八十八箇所巡りを、最後は保護願いを出してやっと見つけて・・・・。
その間多くの方にお世話になり、お接待を受けて歩き続けていたようです。
はなママさんたちのように、ある時期になるとかならずお会いできる方も出来たとか・・・・。
お遍路を始めた動機はどうであれ、義理兄にとってもお遍路は人生において大きな意味を持つ事になったようです。

Commented by pon at 2008-02-01 22:12 x
はなちゃんあってのお遍路だったんですね。
先代はなちゃんに会ってみたかったなあ。

その運命の歩き遍路の若者、今頃何をしているんでしょうかね。
ご縁があれば、お大師様がまたあわせてくれますね、きっと。


Commented by jyo-yama2 at 2008-02-01 22:57
ごぶさたでした~。
はなママさんご夫妻が歩き遍路を始められたきっかけがよくわかりましたよ。
これはご主人さまと同じ考え方だから、そして協力があるからできるんだと思います。
我が家の同居人は、それよりゴルフの方がよっぽどいいわい と言う人ですし、全く信心のない人ですから私がいくら「お遍路したい」と、がんばってもだめなんですよ。
はなママ・パパさんはお若いのに感心します。
今日NHKで室戸岬の第24番の最御崎寺が出ましたので、すぐ貴女を思い出しました。そしてコメントしようって。
Commented by もも at 2008-02-02 00:48 x
こうやって、はなちゃんとのお遍路がはじまったのですね。
はなちゃんは楽しい、犬生をおくられましたね。
飼い主によって、一生が大きくちがいますよね。
はなちゃん、良かったね!!
Commented by 亮子 at 2008-02-02 12:37 x
はじめまして、「犬連れ」「お遍路」で検索してたどり着きました。
先代さんと今のはなちゃんを連れて歩きのお遍路をしていらっしゃるご様子、一気読みさせていただきました。すごい…私にとっては大先達さんです!

実は、私は数年前から母と伯母のお遍路について歩きその結願の旅で犬を拾い(お大師さんに授かったということで)、クウカイと名付けました。
(詳しくはこちら…^^)
://blogs.yahoo.co.jp/ryokoshizaki/44231191.html

クウカイが3歳になる今年、またお遍路に出ようと思い立ちました。
://blogs.yahoo.co.jp/ryokoshizaki/54279550.html

犬連れで泊まれる宿がほとんどない四国、しかもクウカイは先天的に股関節が悪く、全行程を歩くことは残念ながら無理。
そこで、車で行き、車中泊をしながら犬の足に負担にならない個所を歩くという方法を考えているところなんです。

まだ計画が始まったばかりですが、今秋の出発を目指して準備を始めようと思っています! いろいろ参考になることばかり、ぜひこれからも通わせてくださいませ!
よろしくお願いします!
Commented by 奈々 at 2008-02-02 13:10 x
はなママさんへ
きようは、奈々のお墓参りしました
帰路、宇和の、フジに足をを伸ばしました
入り口近くに、犬連れの方がいました。
参拝の途中で、捨て犬と、合い、いつしょに旅しているとの事でした
みろちやんと、名前を、つけてもらつていました
ドーグフードおせつたいさせていただきました
物言わぬ動物は、目で、全て表現します
ハナママの、暖かい愛が、皆さんに、じわじわと、
しみとうり、人の持つ、本来の心を、見つめることが出来ます
Commented by inuzure at 2008-02-02 18:49
奈々さん、こんばんは。私、ほんとにおっちょこちょいで困ります(笑)。
これは、いくつになっても治りそうにありません^O^
Commented by inuzure at 2008-02-02 18:51
sabureiさん、こんばんは。そう、今にして思えば、一番はじまりの時から、いいご縁をいただいていたんでしょうね。運命の五百円玉、とっておけば良かったわ^O^
お写真は、この頃はフィルムカメラでしたので、カラリオでスキャンしました。ありがとうございます^。^
Commented by inuzure at 2008-02-02 18:53
空ママさん、そうそう、浅く広く、いろんなことを経験しようとする我が家ですが…(笑)。お遍路だけは、結構長続きしていますね。やっぱり、みなさんのお陰だと思いますヨ♪若者のくれた五百円、どうしたんだろう?全く覚えがないわ。ジュースでも買ったかな(笑)。
Commented by inuzure at 2008-02-02 18:58
ホシカゲさん、わーそうかも!お大師さまの化身。そういうことにしておきます(笑)。
空海さんが、中国から投げた、仏教法具は、今の高野山のあたりまで飛んでいって、その場所を探した…というお話があるのですが、その場所を案内したのが、黒い犬と白い犬、または、そういう犬を連れた狩人だったそうですよ(プチ情報^O^)
Commented by inuzure at 2008-02-02 19:01
ariさん、まぁ、義兄さんも、お遍路されたんですねぇ。きっと、めぐりながら、いろんなこと、考えられたんでしょうね。人間って、困ったときは、歩きまわると知恵が浮かぶらしいですから。マンガとかで、部屋の中を行ったり来たりするのも、理にかなったことだとか…まー、私は歩いてるとき、おしゃべりしすぎるので、うるさいらしいですが(笑)。
Commented by inuzure at 2008-02-02 19:03
ponさん、こんばんは。そーなんですよ。先代はなと歩いてみたくて、始めたことなんです。だから、二代目も必然的にお遍路犬にされてしまいました(笑)。
あの若者、もう、いいおじさんでしょうね^。^なんでまた、私たちにお接待しようと思ったんでしょうねぇ。たぶん、あちこちでお接待されて、誰かにお返ししたかったのかも。私たちも、みなさんに良くされてばっかりだと、誰かにお接待したくなりますもん♪
Commented by 奈々 at 2008-02-02 19:08 x
運命の500円玉は、しつかりと皆さんの心の鏡で、いつでも、みれますよ
形あるものは壊れる、、、
だから、心に保存したほうが、よかつたです
ハナママには、お大師様が、加護しています
人が、88箇所一回りする間に、お大師様は、3回廻るので
1度はダレでも、姿を変えたお大師様に、お会いしてますよ
私も、定年になれば、いつか参拝出来るといいナーと、夢を
密かに、保持しています。
Commented by inuzure at 2008-02-02 19:08
jyo-yamaさん、こんばんは。室戸とか足摺とかのお寺は、とても印象的。四国の中では南国ムードただようところですよね。88ケ所めぐりの、高知県の部分は、修行の道場なんていわれて、歩く距離も長くて大変なところなんですが、私たちは、空と海を眺めながら歩く、このルート、とても気に入っています。お寺のお参りも大事だけれど、お寺からお寺の間こそ、もっと大事な気がしています^。^
Commented by inuzure at 2008-02-02 19:11
ももさん、いつもありがとうございます。
南国宮崎も、お天気が悪くて、なんだか底冷えのする一日でした。パソコンの前にすわるのに、下半身にぐるぐるとお布団をまきつけています(笑)。
今日も、ハスキーはなは、気ままにゴロンゴロンしています^。^
Commented by inuzure at 2008-02-02 19:16
亮子さん、はじめまして。わんちゃんを連れてのお遍路を計画されてるんですね! 参考になるかどうかわかりませんが、ご覧いただいて、ありがとうございます。
お名前クウカイちゃん、そして、お四国で出会ったとのこと。きっと、すばらしいクウカイちゃんの里帰りになるのでしょうね。私たちも、はじめは車中泊でのお遍路でしたヨ^。^いい思い出いっぱい作ってくださいね。
Commented by inuzure at 2008-02-02 19:20
奈々さん、こんばんは。わんちゃんとの出会いも、不思議なご縁ですよね。うちの二代目はなはインターネットの通販で買ったのですが、それでも、さんざんいろんなところを探して、問い合わせて、写真やパパ犬、ママ犬のことも尋ねて、その中から選んだ…というご縁がありますものね^。^
Commented by inuzure at 2008-02-02 19:23
奈々さん、ほんとにそうですよね。きっと、知らない間に、私たち何度もお大師さまにお会いしているんでしょうねぇ。不思議なことがあるたびに、毎度毎度お礼を言っています^。^
Commented by Lin at 2008-02-02 23:34 x
ん~、そんないきさつがあったのですね*素敵なご家族です。
憧れてしまいます。
私も、昔はお遍路さんて、歩いてお寺を回って、特別な人たちだと思っていたけど、
今は自分もいつか行きたいって思うよぉ~
せっかく四国に住んでいるんだもん(^^*
Commented by kanmama63 at 2008-02-03 00:22
はなママさん、
べんちゃん、里親さんが決定しました。
応援ありがとう♪

ごめんね、またきます(⌒_⌒;
Commented by もも at 2008-02-03 17:27 x
べんちゃん良かったですね!!17歳まで飼っていらっしゃったのによほどの事だったのでしょうね。里親さんの優しさが通じて、べんちゃんもすぐ慣れそうで、とても嬉しく思いました。良かったです!!
Commented by hanapishi at 2008-02-03 17:54
そうやって、はなママさんたちの歴史が動いたんですね。
何かが動くきっかけって、不思議なご縁からだったりするんですね。
そろそろ、お天気が安定したら良いですね・・。
なのに、また先程から、雨になりました(^^;)
Commented by anzu-wan-anzu at 2008-02-03 22:57
始めは車でお遍路されていたのですね。
しかも15年前からずーっと。
500円お接待の不思議なご縁があったのですね。

べんちゃん、里親さんが決まってよかった!
Commented by inuzure at 2008-02-03 23:08
Linさん、こんばんは。私たちも、一番はじめの頃は、まさかあの白装束を自分たちが着るなんて(笑)思いもよりませんでした^。^ 世界各国からもお遍路さん来るんだもの。そのうち、お試しくださいませ!
Commented by inuzure at 2008-02-03 23:11
歓ママさん、わーべんちゃん、新しいご家族が決まったんですね? 良かった^。^ 17歳のハスキーなんて、里親さんが見つかるか、とても心配でした。せめて最期のひとときを…と思ってくださる、すばらしい里親さん。べんちゃん、また立ち上がれるようにならないかなぁ。。。
Commented by inuzure at 2008-02-03 23:13
ももさん、こんばんは。ほんとに、べんちゃん良かったですね!
私も、お話を知って胸が痛かったですが、前にも高齢犬の里親になって看取った経験がおありだそうですから、これはもう、筋金入りの里親さんですよね。ほんとに良かったです^。^
Commented by inuzure at 2008-02-03 23:16
みいこさん、ほんとにお天気が周期的に変わって…だんだんイラついてきました(笑)。今日、桜島が噴火したらしいので、ちょっと見に行きたい気持ち^θ^
Commented by inuzure at 2008-02-03 23:18
杏ママさん、こんばんは。そうなんですよ、お遍路していると、結構、不思議な出会いって経験するんですよねぇ。17歳のハスキーべんちゃん、ほんとうに良かったです^。^
Commented by 風雅パパ at 2008-02-04 12:42 x
はなママさん達のお遍路の歴史にはこんなお話があったとは。
なんだか感動してしまいました。
いつか、その若者との再会もあるかもしれませんね。
人生は旅のようと言われるから。旅は人生の縮図ですね。
最後の写真、一緒に人生を供に歩くパートナー。
淡々と前を向いて歩く姿にじーんときます。

↓ おすましはなちゃん、とってもキュート♪
Commented by ビンぞう at 2008-02-04 15:00 x
はなママさん一家の歩きお遍路はこうやってスタートしたのかぁ。
最初は車お遍路だったなんて意外だよ。
それにお遍路も歩きだけじゃなく車やらバスやら色んな方法があるんだもんね。
それでもきっとみんな歩きお遍路に魅力を感じるんだろうなぁ。
ワンコと一緒なら、尚更一緒にお遍路できたらサイコー!
Commented by 奈々 at 2008-02-04 19:31 x
はなママさんへ
歩き遍路のファンが沢山出来ましたね。嬉しいです。
はなママさんのおかげを、いただいてます。
Commented by inuzure at 2008-02-04 21:20
風雅パパさん、こんばんは。あはは、我が家の歴史、これ試験にでますよ~なんちゃって(笑)。ほんとに旅って、人生そのもの「人生即遍路」という言葉もありますものね。私、いつも主人とはなの後ろから歩いているので(足が短いのかな?^O^)こういう風景を見ながら歩いてるんですよね。なかなか絵になるので、気に入っています。ありがとうございます。
Commented by inuzure at 2008-02-04 21:23
ビンぞうさん、こんばんは。そうだよ。はじめてのときは、まだまだ観光半分、みたいな気分だったものね。マイカー遍路も、団体さんのバス遍路も…実は、最近、ヘリコプター遍路まであるらしいよ。もちろん、お金持ち限定だろーけど(笑)。でもお寺にはヘリポートないから、全部上空からサササーっとお参りなんだろうね^θ^♪
Commented by inuzure at 2008-02-04 21:24
奈々さん、こんばんは。いつもありがとうございます^。^
Commented by 奈々 at 2008-02-05 07:16 x
ハナママには、私が落ち込んでいたときに、助けていただきました
そのことを、忘れないように、きようも、お仕事頑張ります。

Commented by inuzure at 2008-02-05 14:24
奈々さん、ありがとうございます^。^
どうぞ、お仕事がんばってくださいね。
Commented by さくらふぁみりー at 2008-02-07 22:32 x
毎日寒い日が続きますが
お元気ですか?
ご無沙汰です。     さくらです。

ハナママさん達のお遍路の歴史、
モノクロですごくかっこいいです。
そして・・・いい話じゃないですか。ジーン・・・
うらやましい気持ちになりました。
これからもお遍路さん頑張ってくださいね。
Commented by はなママ at 2008-02-08 10:14 x
さくらさん、こんにちは^。^
ブログネタに困って(笑)最近、連載シリーズを始めました。
先代はなと私たちの「犬連れへんろ」です。
また、ご覧になってくださいね♪ありがとうございます。


<< 雪やーい      女の意地 >>